出会い系サイトは未知の世界

出会い系サイトって奥が深いと思う今日この頃です。出会い系サイトでの出会いは、自分を開放できます。ふだん思っていても、周囲の誰にも相談できない事、夫にも言えないことはありますが、出会い系で知り合った、見ず知らずの人には話せたりします

私は基本的に性欲が強い方だし、刺激的なセックスをしてみたいという願望はあるのですが、ふだんは実現するすべはありません。

それが、出会い系だと可能になるんだということが、わかります。

あるサイトで知り合った大学生の彼と、3度ほど会ってセックスしてしまいました。すごく肌が合うというか、感性が合うのでびっくりしました。夫のことを愛していなければ、その年下の彼に惹かれていくのではとも思ってしまいました。

その彼が、ある相談を持ち掛けてきたんです。その相談とは……。
複数でしたい」とのこと。彼の友だち3人も加えて、したいと言うのです。
私はびっくりしました。そんな経験はもちろんありません。でも……密かに、妄想したことはあったのでした。
彼は土下座するような勢いで頼み込んできます。私は、妄想はしても、実際にするとなると、ためらうのは当然です。

最終的に「一回限り」の約束で実現させることで、私は折れてしまいました。

その当日。普通のホテルのツインルームに、彼を含めて4人の大学生がやってきました。みんな、本当に普通の大学生で、礼儀正しく、私は安心しました。

みんな、私を見て、「予想より、マジ、イケてる」などと言うので、私はお世辞だとは思いながらいい気分になっていきました。

彼らに囲まれて、いろんな質問に答えていると、なんだか、ファンを相手にした芸能人のような気分になって、それは楽しい時間でした。

それでも、若い男の子たちを前に、恥ずかしいのは当然です。私がもじもじしていると、そのうちの一人が服を脱ぎ始め、つられて他の子たちも脱いでいきます。やがて、みんなスッポンポンになりました。驚いたことに、みんなソコが大きくなっているんです。

“こんなおばさんに反応してくれて”

私が嬉しくなっていると、一人また一人とわたしに群がってきました。
私は、誰にどこをどうされているのか認識できないほどに、彼らから、いたずらされ始めました。当然のことながら、そんな経験、初めてのことです。

おっぱいといい、わきの下といい、お腹、太もも、ふくらはぎ、足の指、そして、アソコ……と、彼らの指や舌がせわしくなく動き、這いまわるのです。

快感を次から次へと押しつけられる拷問に近いものがありました。
私は、あられもない声をあげながら、彼らのその手際の良さに、”こんなこと、ほかでもやっているんだろうな”と思いました。

その後は、次から次へと、彼らが覆いかぶさってきて、私を元気に犯していきました。
私は、最初の方こそ、感じすぎて、何度も逝ってしまいましたが、だんだんと、彼らの体力に負けて、疲れていきました。

3時間ほど、休憩をはさみながら遊んでいたでしょうか。彼らはすっきりした表情でしたが、私はヘトヘトで、腰もがくがくになってしまいました。

「複数プレイ」はその時が最初で最後でしたが、今でも思い出すと、心も体も熱くなってしまいます。
夫は、まさか妻の私がそんなことしていたなんて、知らないです。
ちょっとだけ罪悪感を感じる日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です